えびすい@スマホアプリ開発のALPHAです。

アプリ開発会社をしてます。アプリ制作+メディア運営で喰っていきたいと思いつつ関係有る事無い事を書いていきます。

右にも左にも偏らない視点を保つのに役立つおじさん達を紹介するお


f:id:ebyan:20170705195244j:plain

お世話になります。えびすい@ALPHAです。

新聞、テレビは正確な報道をしていると思っていますか?
キャスターやコメンテーターの発言は信頼に足ると思いますか?

残念ながらそうではないケースが目立ってきたように思います。

そして、常にネットから情報を得ている世代と、新聞、テレビから情報を得ている世代との事件や政治に対する見解の乖離が、見過ごせないほどになってきていると思います。

たとえば、7月3日(月)のTBS「ひるおび」では、昨年川井都議会議長が知事就任の挨拶に出向いた小池都知事との握手を拒否したと報じました。

f:id:ebyan:20170705200731j:plain

三雲孝江さんは「握手くらいすればいいじゃないね〜」。

f:id:ebyan:20170705201504j:plain

実際は握手しています。

f:id:ebyan:20170705200725j:plain

コメンテーターの多くは取材なんてしないので、台本とその場で見せられる映像を信じて発言するしかないので、可哀想ではありますが。

これをみて、自民党ひどいわね、小池さん可哀想がんばってね、と思ってしまうわけです。

ハフポストと産経もひどいね。
事実を把握しないで妄想が入り込んでるのがもろバレですね。

タイトルでわかるでしょ。

川井重勇氏が落選、小池百合子都知事と握手拒否した都議会議長 「自民党再生を」と引退表明【都議選】

【都議選投開票】小池百合子都知事と握手拒否した川井重勇都議会議長 落選決定に引退を表明「若い人を育てて自民党再生を」 - 産経ニュース

そんなことにならないようネットの情報を効率よく得ていくため、そして、フラットな視点を保つために、ぜひフォローしてほしいおじさん達を紹介していきます。

SNSで情報発信したくはないけど、ネットの情報を取り入れていきたい、Twitterに興味があるのだけどとりあえず誰をフォローしていいのかわからないといったおじさんおばさん達を対象にしています。
お兄さんお姉さんでも構いませんが。

堀義人さん

グロービス大学院の学長。バスケットボールの茨城ロボッツのオーナーでもあるので大学院とバスケの情報も比較的多い。思考、行動、そしてプライベートも、とてもバランスのとれた人だなと感心する。

twitter.com

Facebook:https://www.facebook.com/yoshito.hori.1?fref=ts

佐々木俊尚さん

キャリアのふりだしは毎日新聞の記者さんです。昨今の記者さんや元記者さんの投稿、たまにおかしなのを目にしますが、彼は抑制が効いてると思います。左からも右からも絡まれがちな印象。Twitterのフォローでよいかと。

twitter.com

Facebook:https://www.facebook.com/sasaki.toshinao?fref=ts

宇佐美典也さん

元経産省のキャリア官僚。現コンサルタント?

twitter.com

最近では、これは必読。

usami-noriya.blog.jp

山本一郎さん

投資家、作家。Twitterでは、しょうもない輩に絡まれたら容赦ない悪態で撃退するので爽快。乱暴な人かと思いきや、あちこちに寄稿されている文章は、世の矛盾に切り込んで行って、鋭いのだけど、穏当で多くの人が納得いく提言としてまとめるのでめちゃくちゃ頭がいいなあと感心する。

twitter.com

Facebook:https://www.facebook.com/ichiro.yamamoto?fref=ts

田端信太郎さん

LINE株式会社、上級執行役員。けっこうな量のシェアやリツイートをされる方。それぞれにコメントがあるわけではないが、シェアされるニュースは気づきを与えてくれるものが多いし、シェアされるものから彼の思考が浮き上がってくる、という感じでしょうか。

twitter.com

Facebook:https://www.facebook.com/tabata.shintaro?fref=ts

最後に

ぼくと同じ40代以上のおじさんおばさん、そしておじいさんおばあさん、ほんと、ネットを見ているか否かで雲泥の情報格差があるのですよ。
FacebookとかTwitterって情報発信しなきゃなんでしょ、とか、他人が夜飯何食ったか興味ないとかそういうレベルの話じゃなくって、とりあえずおかしな判断をしないための情報を仕入れるためのツールだと割り切って、リードオンリーで使って見てください。

以上。