読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびすい@スマホアプリ開発のALPHAです。

アプリ開発会社をしてます。アプリ制作+メディア運営で喰っていきたいと思いつつ関係有る事無い事を書いていきます。

磨崖仏・濡れ地蔵がネットで適当に扱われているので整理してみた


f:id:ebyan:20160815200206p:plain

Googleマイビジネス、ローカルSEO専門家・えびすい@ALPHAです。

この夏、奈良県宇陀市に帰省しました。

実家からちょっと歩いたところ、室生ダムのほとりに通称「濡れ地蔵」という地蔵菩薩があります。

ポケモンGOのゲーム上でポケストップになっており、でも、場所がずれているなあと思ったのをきっかけに、検索してつらつら調べてみると、このお地蔵さんに興味持った人がお地蔵さんにたどり着けないかも、な状況でした。

なので、本来しかるべき機関が整理するところを、差し出がましいですが部外者のぼくができる範囲で整理してみました。

いっぺんに書くとややこしいので、3つの記事に分割し、それぞれ単独で読んでも意味がわかるようにしてみました。

1つ目

インターネット上の磨崖仏・濡れ地蔵の情報に関して。
どのあたりが「適当に扱われている」のかあげてみました。

blogs.alpha-com.co.jp

2つ目

Googleマイビジネスの情報を、濡れ地蔵を訪れる人の視点で修正依頼をかけてみました。

blogs.alpha-com.co.jp

3つ目

濡れ地蔵の検索結果の一つ一つがいまいちなので、過不足無くまとめた濡れ地蔵の紹介記事を書いてみました。
おそらく濡れ地蔵の管理者であろう独立行政法人・水資源機構さんの次、2位、3位くらいの表示を狙っています。

blogs.alpha-com.co.jp

※この記事をアップした翌日(8/16)の順位です。5番手6番手にきてました。

f:id:ebyan:20160816105501p:plain

おまけ

観光情報のネット上での整理の仕方、わからなかったら相談してください。
ミラサポで専門家登録しています。

blogs.alpha-com.co.jp

以上です。