読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびすい@スマホアプリ開発のALPHAです。

アプリ開発会社をしてます。アプリ制作+メディア運営で喰っていきたいと思いつつ関係有る事無い事を書いていきます。

濡れ地蔵(磨崖仏・奈良県宇陀市)の検索結果が適当すぎて笑えない件

ローカルSEO Google マイビジネス 雑感・雑記

f:id:ebyan:20160815200144j:plain

Googleマイビジネス、ローカルSEO専門家・えびすい@ALPHAです。

帰省した折りに、ポケモンGOを立ち上げてみたら、近場の隠れた名所「濡れ地蔵」がポケストップになっていました。

…でも、場所が微妙にずれているよ、って気になってそのついでにインターネットでも調べてみたらいい加減すぎるなあと思ったのでこれを書いています。

なぜこんなローカルなことをあーだこーだ言っている理由は、こちらを読んでみてください。

blogs.alpha-com.co.jp

では、どこが適当なのか指摘していきます。というかここが間違っています。

f:id:ebyan:20160815200205j:plain

それでは順に。

所在地が間違っている

Googleマイビジネスで登録されている宇陀市室生大野3846は、室生ダムの管理事務所なのです。
ダムの中にある地蔵なので、管理者としての住所は間違っていませんが、地蔵の有る場所ではないです。
すごく当たり前のことをいいますが、ダムは大きいのです。

この地番は、実際の濡れ地蔵さんの所在地から車でも10分以上かかる場所です。↑の地図上ではダム湖の右上に堰があり、そこに管理事務所があります。
車でもと言いましたが、実質他の交通手段はありません。
それ以外だと、気合いの入ったハイキングか自転車、バイクでのツーリングをお勧めします。
(比較的近くまで行く奈良交通の路線バスがありますが…。本数的にも停留所的にも、観光には不向きです。)

登録されている写真がカオス

これ、宇陀市のGoogle+アカウントを利用して登録しているのだろうか。

f:id:ebyan:20160815200135j:plain

地蔵さんの写真はこれで間違いないのだが、それ以外がひどい。
だいぶ離れたところにある団地の公園の滑り台? だいぶ離れたところにある大野寺、室生寺、かなり離れたところに有る図書館と病院の写真?

濡れ地蔵さんの有る場所はダムの中です。

宇陀市はネットで情報提供するつもりがないらしい

ダムの中にあるのでダムを管理する独立行政法人・水資源機構「木津川ダム総合管理所」のページ内に案内記事があります。

www.water.go.jp

濡れ地蔵さんの隣には「榛原ふれあい広場」という場所があります。 宇陀市としては、この広場のここの紹介ページで

公園南東には「濡れ地蔵」に続く道があります

とあるのみです。

宇陀市/榛原ふれあい広場

一応、宇陀市の名誉のためにあげておくと、現地には宇陀市による解説板が設置されています。

f:id:ebyan:20160815200156j:plain

せっかく取り上げてくれているブログも間違っている

山辺(やまべ)濡れ地蔵磨崖仏

これ、いい写真を掲載されていますが、所在地が間違っているのです。 濡れ地蔵がある場所は、「山辺三(やまべさん)」といいます。三は地番ではないのです。 なので、山辺三(やまべさん)濡れ地蔵磨崖仏と書くのが正しいです。

濡れ地蔵魔崖仏 - 奈良の名所・古跡

これ、本文はちゃんと「磨崖仏」となっているのになぜお題は「魔崖仏」なんだろ。
「まがいぶつ」で変換させても魔崖仏とは変換されないからあえてそう表記したのか。
謎だ。
ちなみに、磨崖仏(まがいぶつ)とは、自然の岸壁や露岩、転石を削ってできた仏像です。

切り出した石を削ってできた仏像で、移動できるものは石仏と呼ばれます。

最後に

間違いをあげてみました。

この現状をもとに、Googleマイビジネス登録情報の修正依頼をしてみます。

その過程はこちらをごらんください。

blogs.alpha-com.co.jp

以上。