読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびすい@スマホアプリ開発のALPHAです。

アプリ開発会社をしてます。アプリ制作+メディア運営で喰っていきたいと思いつつ関係有る事無い事を書いていきます。

中小企業庁のミラサポ・専門家派遣は利用者が選んだ専門家に相談できない

Webサービス ネットリテラシー ネットでお店に集客 ミラサポ

f:id:ebyan:20161001210907j:plain

お世話になります。えびすい@ALPHAです。

そもそもぼくが「ミラサポ・専門家派遣」に登録して貢献したかったことはこちらです。

  • お店を構えて商売をしていらっしゃる飲食店などの商店主さんに、簡単にかつタダでできるWebでの集客手法を知って活用してもらいたい
  • Webでの集客方法をWeb制作会社に相談するとWebサイト制作を勧められそうで相談しづらい、ということを解決したい

ということです。

そんな中、このミラサポの仕組みを利用してもらおうとすればするほど、機能不全を起こしてるんじゃないかって思い始めたので、こんな記事を書いている次第です。

参考までに、こちらがミラサポのサイト。
サイドメニューに「無料派遣専門家 検索・申請」とありますね。
これのことです。

ミラサポ 未来の企業★応援サイト

ミラサポ・専門家派遣のウェブサイトの現況

まずミラサポのサイトの利用者登録をする必要があるのですが、専門家派遣の入り口は、このような検索フォームが用意されています。

専門分野、得意業界、対応エリアなどを指定して検索できます。 専門家の名前でも検索できます。

f:id:ebyan:20161001210900j:plain

検索フォームの下、「派遣依頼サービスの流れ」の2つ目にマウスを持ってくると、

専門分野や保有資格、得意業界などの条件でも絞り込めます。

検索結果をチェックして、派遣依頼したい専門家を選びます。

と説明が表示されます。

そして検索結果。 該当する専門家のリストが表示されます。 リストに「派遣依頼申込」ボタンがあります。また、専門家の名前をクリックしたら専門家の詳細画面になり、そこにも「派遣依頼申込」が表示されます。

こちらはぼくの詳細画面。

f:id:ebyan:20161001210904j:plain

名前の下の「派遣依頼申込」をクリックすると、「専門家検索・派遣申請」画面になり、「地域ぷらっとフォームを探す」をクリックしていくつか画面を経ると、地域プラットフォーム検索画面になります。

f:id:ebyan:20161001210906j:plain

この画面の流れに沿うと、ごく普通のネットリテラシーを持っていれば、「地域プラットフォーム」に連絡すれば選択した専門家を派遣してもらえると思いますよね?

また、「よろず支援拠点・地域プラットフォーム 検索」の画面に表示されるこの画像をみると、上位機関である「よろず支援拠点」に相談すれば、専門家紹介と書いてあるので、手続きをとってもらえると思いますよね?

https://www.mirasapo.jp/regionplatform/images/ponchi.png

画像はミラサポのサイトから引用しています。

連絡不能の窓口→中小企業庁経営支援課に問い合わせ

いくつかの、検索結果に表れる支援機関に連絡したらひどい状況でした。
その経緯はこちらに書きました。

blogs.alpha-com.co.jp

状況がよくわからないので中小企業庁経営支援課に電話で問い合わせをしました。
「ミラサポ・専門家派遣制度」を利用したいと思っている知人が悪戦苦闘しているので、その状況をぼくが経営支援課に確認したのです。
最初は支援機関に連絡がつかないことに対してだったので、連絡がつかなかった各団体の状況を確認していただき、最終的にここに連絡すれば大丈夫という東京都よろず支援拠点(東京都信用金庫協会)に連絡をしました。
すると、マンパワー不足で「ミラサポ・専門家派遣制度」は利用できない旨の回答をいただきました。
それを受けて、再度経営支援課に電話で問い合わせ、その結果、最終的に東京都よろず支援拠点にて知人がアポを取りました。

面談(経営相談)の結果、結論としては、相談員である中小企業診断士のコーディネーターの方に「ミラサポ・専門家派遣制度」は利用できない旨の回答を頂きました。

中小企業庁経営支援課の見解

検索した結果の専門家を選んで派遣してもらえるわけではない。
そもそも、支援機関に経営相談をした結果を受けての方策の一つであり、相談員が必要ないと判断したらいくら利用者が要望しても利用することはできない。

ということです。

各業界で名前が知れている方も登録されており、あの人に無料で相談できるんだ、使って見ようってこともあるとは思うのですが、検索画面はあくまでこんな人がいるよ、という顔見せでしかないそうです。

これだけの仕組み(検索サイト)を提供していて、風俗店のサイトでは普通にできる「写真とプロフィールを見て予約」がミラサポ・専門家検索ではできないんです。

えびすいが思ったことなど

  • 実運用からみてみると、専門家検索、地域プラットフォーム検索は不要、もしくはオーバースペックなんじゃない、ということ。検索してもその専門家に相談できないし、地域プラットフォーム検索をしても連絡つかなかったり、「専門家派遣可能」と表示されても「ミラサポの専門家派遣は使えない」って対応されるので。
  • おそらくは、専門家派遣をしてもらいたい人と、地域プラットフォームの相談員と専門家の3者がウラで手を握っていてはじめて使える「ミラサポ・専門家派遣」じゃないの、ってこと。なんのバックボーンもないぼくは、いくらまわりで騒いで見たところで…なのかな。
  • 利用者が労力使ってあちこち問い合せしても一向に解決せず、最終的に担当のお国の省庁さんに問い合わせしてやっと意味がわかる。そして判明する結論は「できない」。そんな施策、Webサービスってなんなのですかね。いろんな言葉が脳内を駆け巡ります。仏作って魂入れず、無駄遣い、税○泥棒etc。
  • Viva! 中小企業庁! Viva! ミラサポ! Viva! 専門家派遣! Viva! 東京都よろず支援拠点!

ミラサポが使いにくそうなので最後に宣伝です。
実店舗で商売をしている方に、こんなサービスを提供しています。こちらはミラサポと無関係です。

集客アップで繁盛店! 効果的な戦略を授けます。|【繁盛インフォ】

ぼくに直接メッセージを頂いても構いません。

以上。