読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびすい@スマホアプリ開発のALPHAです。

アプリ開発会社をしてます。アプリ制作+メディア運営で喰っていきたいと思いつつ関係有る事無い事を書いていきます。

ローカルSEO(MEO)の凄さを高田馬場レッドロックで知る

SEO Web制作 高田馬場 Webサービス ネットリテラシー

f:id:ebyan:20160413181039j:plain

お世話になります。えびすい@ALPHAです。

なんだかんだと高田馬場・ローストビーフ丼を求めて行列ができるレッドロックのことを書いてきました。

blogs.alpha-com.co.jp

さぞ、レッドロックが大好きなんだとお思いでしょうが、どうでもいいんですよ。
食べてみたい気持ちも失せてきたし。

なぜ何回も書くかというと、やはり行列店、オーナーが仕組んでいるのか、たまたまラッキーなだけなのかわからないですがいろいろWebネタ的に書きたいことが見つかるのです。

今回はローカルSEOについて

まず、これをみてください。
Google Mapで「高田馬場」と検索しました。

f:id:ebyan:20160413172145j:plain

(地図の縮尺はそのままで)切り取ったのがこれです。

高田馬場駅周辺には、多数の飲食店、コンビニ、その他店舗がありますが、Google Mapで高田馬場を検索した時にこの表示がされるのです。
なぜか、レッドロックが。高田馬場にはレッドロックしかないかのように。


もう一段階拡大すると、いくつかお店が見えてきます。

f:id:ebyan:20160413172151j:plain

これ、なんでこういうことになるのかというと、ローカルSEOの結果です。
Googleのローカル検索にたいする掲載順位対策でこういう結果になっているのです。

※マーケティングやSEO会社では『MEO(Map Engine Optimization)』と言っているところもあるようですが、MEOは日本の業者が数年前から言い出した造語のようです。いまは、正確にローカルSEOと表記する流れのようなので、「MEO」っていう人にはそれ古いよ、って言ってあげましょう。

ローカルSEOって何?

簡単に言うと、たとえば、高田馬場+ローストビーフと検索された場合、右側でその店舗の情報が表示されるための対策方法のことを言います。
または、Google Mapで上位に表示されるための対策、方法のことを言います。

f:id:ebyan:20160413172142j:plain

↑「高田馬場+ローストビーフ」の検索結果はこんな感じです。
通常の検索も、右肩もレッドロックです。
高田馬場でローストビーフをウリにしている店はレッドロックだけではないです。
だけど、結果はこうなります。
お店の名前につづいて「ローストビーフ丼」って登録してますから、強いです。

f:id:ebyan:20160413172146j:plain

↑あまりに強いから、こんなことに。

戸塚地域センターを検索した時の地図にまでレッドロックが侵食しています。

このように、ローカルSEOに対応するには、Google マイビジネスに登録する必要があります。


こちらに登録します。

Google My Business

掲載順位を改善するにはまずこれ

日本語での公式情報は、このページくらいのようですね。

support.google.com

なので、日本語で解説している他のページも基本はこれの焼き直しです。

ここで書いてもかぶるだけなので、やめておきます。
このページの中ほどにある「掲載されていないビジネス情報の改善」の欄をまずしっかり対応してください。


ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み

要素は、「関連性」、「距離」、「知名度」って、公式情報に書いて有ります。

ただし距離は、ブラウザで位置情報を送っている場合、その位置との距離が近いかに依存するので、対策できるのは主に関連性と知名度ですね。 

「Googleのクチコミ」

Google Mapで「高田馬場」を検索し、一度「+(拡大)」をクリックした時の地図です。
拡大をクリックする前は、飲食店は「レッドロック」しか表示されていません。

この範囲に、実際はたくさんの飲食店がありますが、地図上にプロットされているのは「Googleのクチコミ」の評価(星)が4つ以上のお店だけです。

「レッドロック」のほか、「豚カツとん太」、「10°CAFE」、「焼麺 劔」、「ラミティエ」は星4つです。

※デニーズや松屋などチェーン店は、この縮尺から表示されるようになります。

f:id:ebyan:20160413172151j:plain

なので、食べログなどのほかに、Googleのクチコミにも投稿してもらう対策をしなければなりませんね。

「NAP (Name, Address, Phone Number)」をきちんと

ブログやSNS、その他店舗情報を登録するサイトがあると思いますが、名前、住所、電話番号 (Name, Address, Phone Number)は同じ内容を登録することが重要です。

電話番号は、単に電話番号ではなく、わざわざ、Local Phone Numberとあるので、固定電話で登録する方が良いようです。

そして、とくに住所は細部まで同じ表記にしろ、とあります。
たとえば、登録する時の気分で、「3丁目4番地」としたり、「3-4」としたりせずに、一度表記を決めたら全く同じで登録することが重要です。
なんせ、コンピューターですから、全く同じ文字列だと、全く同じ住所だから同じお店のことがかいてある、とすぐに判断できますからね。 違うと、別の場所と認識されてしまいます。

同じ店名、同じ住所、同じ電話番号だとGoogleの検索エンジンに認識されたら、同じお店の情報として扱われるので、関係者がアップしているサイトのほかに、お店が言及されたページがあれば「知名度」ポイントとして扱われるのだと思います。

以上は、ここのページを参考にしました。

そのほかいくつか対策が載っていますので、ローカルSEOの対策をするならぜひ押さえてください。

searchengineland.com

英語読むのめんどくさいとか、それ対応してちょうだいって方、↓問い合わせページから一報ください。

最後に

レッドロックに関しては、行列ができる有名店になって、ブログやFacebook、Twitterなどで膨大な数の紹介とリンクが貼られているので、それがローカルSEOでもダントツ一位の理由だと思います。

有名な店舗になっていなくても、具体的にいくつか、すぐできる対策があるので興味があればこちらで直接相談していただければと思います。

www.alpha-com.co.jp

以上。







効果がすぐ出るSEO事典
効果がすぐ出るSEO事典