読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびすい@スマホアプリ開発のALPHAです。

アプリ開発会社をしてます。アプリ制作+メディア運営で喰っていきたいと思いつつ関係有る事無い事を書いていきます。

スマホアプリ制作します-ALPHAさんは何ができますのん?に答えてみた。


f:id:ebyan:20160323221333j:plain

お世話になります。えびすい@ALPHAです。

ブログを始めて3ヶ月弱。

やはり、中小企業にとって多少なりとも存在感を示すってことは大事なんだなと思います。
営業さんがたくさんいたり、広告をバンバン打てる規模じゃないのでね。
問い合わせ、相談的なものが、すこーしだけ増えたと思います。
なにより、読んでくださったことがある方は、いきなりアポとって会う初対面の方より、ちょっとはアイスブレイクできている感じがしてお話がしやすいですね。

それで、ALPHAさんところは何ができますのんって聞かれることがあります。

要約すると、「スマホアプリを制作して差し上げます」なのですが、以下の工程別に少し細かく書いてみました。

  1. 素案や企画段階
  2. UI/UX設計と製造工程
  3. アプリストアへの登録・申請
  4. リリース後の運用など

1.素案や企画段階で相談にのれます

スマホアプリがあればなあとか思ったとき、当然経験がないとアウトラインが決められないですよね。 アプリの目的、誰が何のために使うのかを明確にしながら、こんなことをお調べしたり、確認したり、お知らせしたり、提案したりします。

  • Webでしたほうがよくないか?
  • 競合アプリの有無は?
  • アプリストアのガイドラインや規約に反さないか?
  • アプリストア以外の配布方法
  • iOSかAndroidか、それとも両方同時か?
  • 課金はどうする?

いわゆるシステム開発会社に依頼すると、Webアプリでいいのに言われるがままスマホアプリを作ったり、(アプリストアにリリースすることがあまりないため)ガイドラインをきっちり読み込んでいなかったりして、スタート時点で大失敗の原因を抱え込む恐れがあります。

f:id:ebyan:20160323221332j:plain

それとは反対に、個人事業主の開発者さんだと、たとえばAppleの場合、企業内従業員向け配布や、ビジネス向けアプリとしての配布は知らなかったりするかもしれません。

また、得意不得意があると思うので、iPhoneとAndroidのアプリをワンソースで開発する選択肢も教えてくれないかもしれません。

2.UI/UX設計と製造工程での強み

通常社内エンジニアが設計・実装します。予算やこだわりに応じて、UI/UXはパートナーのUI/UXデザイナーさんに依頼することもできます。

業務アプリ系のシステム開発会社さんだと忘れがち(もしくは知らないかも)です。

  • アプリのアクセス解析・利用解析の実装
  • mBaas(アプリのバックエンドサービス)などを利用したPush通知やログイン機能の実装
  • アドネットワーク(広告表示)の実装

といったあたりまえの目配りをきかせます。

f:id:ebyan:20160323221334j:plain

↑こちらは、アプリのアクセス解析・利用解析「Flurry」のダッシュボード画面です。 同様のものはいろいろあるので「Flurry」でなくてもいいですが、いまの時代こういうのセットで提案してこないところはどうかしてます。きっと。

3.アプリストアへの登録・申請時のノウハウ

  • ASO対策
  • アプリ審査対応
  • レビュー件数、評価のアップ
  • 縦長動画でのアプリ紹介

主に上の2つはiPhoneアプリ向けです。 ASO対策(App Store Optimization)は、制作したアプリを登録するだけでなく、より多くの人に知ってもらうための施策、WebでいうSEO対策です。検索されやすくするためのキーワード選定はマーケティング的な知識が必要です。

アプリ審査対応は、ガイドラインから逸脱していないか審査を受けるにあたって、Appleの担当者と英語でやり取りをします。英語が苦手な担当さんだとかなり苦労すると思います。

f:id:ebyan:20160323221331j:plain

レビュー件数や評価がランキング、ダウンロード数に直結します。好意的評価をできるだけあつめるために、アプリからの評価への導線をしっかり実装する必要があります。

そして、App Storeでの紹介動画の制作。画面キャプチャの他に、動画でアプリの紹介があったほうがユーザーにとってわかりやすいです。この動画、縦長の動画が効果的なのですが、縦長の動画をさくっと作れる人あまりいないと思います。

これら全て、ウチで対応可能です。

4.リリース後継続的にダウンロードを増やすための施策

  • ランディングページの制作
  • ランディングページのSEO対策
  • 公式Twitterアカウントの運用
  • 問い合わせ対応・FAQページの更新

ランディングページの制作とSEO対策まで目配せ効かせます。たとえば直近の例だと「せどリンクUS」というアプリのこのページです。

www.sedolinkus.com

このページがあるかないかでダウンロード数が大きく違ってきます。 また、きちんとSEO対策までしないとあまり意味がありません。 たとえば、「せどリンクUS」だと「せどり、amazon輸出、アプリ」でGoogle、Yahooとも1位です。ここまで対応できるアプリ開発会社、少ないと思いますよ。

www.google.co.jp

そして、公式Twitterアカウントを設置して、諸々のアナウンスや宣伝、トータルで対応しているからこそできる、問い合わせ対応・FAQページの更新。ここまできっちりしないと、せっかくアプリを作っても「・・・」という結果になってしまうのですよ。

以上、工程別にウチの強みを書いてみました。

スマホアプリ開発依頼で悩ましいのは、

  • 全てきちんとできる会社は自社のアプリ開発と運用で忙しい、
  • SIer的システム開発会社だとマーケティング的な面でのノウハウが弱い
  • フリーランスの開発者さんだと企画段階からリリース後の運用までマーケティング面を含めたトータルな対応が難しい

というところです。

ウチは概ね大丈夫ですよ。 まずは、相談ベースで構いませんので、どうぞALPHAに問い合わせてみてください。

ALPHAの問い合わせページ www.alpha-com.co.jp

「ない仕事」の作り方 (文春e-book)

「ない仕事」の作り方 (文春e-book)

コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法

コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法