読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびすい@スマホアプリ開発のALPHAです。

アプリ開発会社をしてます。アプリ制作+メディア運営で喰っていきたいと思いつつ関係有る事無い事を書いていきます。

1929年高田馬場は郊外だったよ。アプリ「こちずぶらり」がよくできてて無料キャンペーン中。

スマホアプリ

f:id:ebyan:20160326183339j:plain



お世話になります。えびすい@ALPHAです。


先日、とある打ち合わせ後の雑談で、「古地図」見ながら街歩きするのおもしろいですよ、とおっしゃる方がいてそういやそんなアプリDLしていたな、と思い出したのがこのアプリ「こちずぶらり」。

たしか、かなり前にDLしたときは400円か600円かした記憶があるのだけど、iPhone版240円に改定されてて、さらに2月19日現在、無料キャンペーン中ですね。

 

こちずぶらり

こちずぶらり

  • ATR Creative Inc.
  • 旅行
  • 無料

 




このアプリ、GPSと連動していて現在自分がいる場所が古地図のどこにあたるのかがわかるので面白いです。



高田馬場駅前にて、「改正番地入 東京市全図(1929年)」をみるとこんな感じです。


f:id:ebyan:20160326183340j:plain





もっと拡大すると、こちら。青い点が現在の高田馬場駅前、BIGBOX、ドンキホーテ、バーガーキングがあるあたりです。

f:id:ebyan:20160326183341j:plain




東京市のフチ、山手線となりの目白は記載されているのに、高田馬場は記載なし。
東京市に編入されるのは、この直後みたいですね。
山手線の高田馬場駅、史跡の名称としての高田馬場はあったようだけど、地名として「高田馬場」ができるのは、ずっと後のことです。



そして、このアプリすごいなあと思ったのは世界の古地図もいろいろ入っているところですね。

昔の世界地図も入っています。

これは、1736年の世界地図です。

f:id:ebyan:20160326183342j:plain




注目して欲しいのは、この青い点。

拡大したのがこちら。

f:id:ebyan:20160326183343j:plain





律儀に、この地図もGPSで現在位置をポイントさせている。しかも、ほぼ正確に東京っぽいところにポイント。
北海道とか沖縄でもちゃんとポイントされるのか、調べてみたくなります。
そして、開発した方、苦心したんだろうなあと思います。




やはり、江戸の地図は充実していて千代田区、中央区、港区に通勤・通学・在住の方は、かなり楽しめると思います。
 

こちずぶらり

こちずぶらり

  • ATR Creative Inc.
  • 旅行
  • 無料

  

大江戸ぶらり

大江戸ぶらり

  • ATR Creative Inc.
  • ナビゲーション
  • ¥600

 


 

JUGEMテーマ:東京