読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびすい@スマホアプリ開発のALPHAです。

アプリ開発会社をしてます。アプリ制作+メディア運営で喰っていきたいと思いつつ関係有る事無い事を書いていきます。

iPhone(iOS)アプリの配布方法を一覧表にまとめてみた。App Storeだけではないんです。


f:id:ebyan:20160326183331j:plain



お世話になります。えびすい@ALPHAです。



ウチでは、スマホアプリを開発しています。

ウチ自身で、ALPHAのアカウントからリリースしているアプリもありますし、アプリ開発を請け負って、顧客先アカウントでのリリースもしています。


iPhone(iOS)アプリの場合、一般に思い浮かべる配布方法はApp Storeからリリースして一般のユーザーにダウンロードして使ってもらうルートです。


その他になにがあるかというと、法人内(企業内)でのアプリ利用のための配布です。
こちら、2通りあります。

 

1 . B2B(ビジネス・トゥ・ビジネス)

法人向けのアプリを法人向けアプリストアで購入。支払いは法人。

 

2 . Enterprise Program(法人向)

こちらは、1と違い、特定法人が自社の従業員ためだけにアプリ開発し配布。



このほか、アプリの評価用にAdHocでの配布があります。


ざっくりの説明はこんな感じなのですが、配布数の上限があったり、配布する仕組みを別途用意しなければならなかったり、それぞれ条件があります。


先日も相談をうけて、いろいろヒアリングしてみると、そのアプリは会社内の10名程度の技術者しか使わない、ということがわかって、それならAdHocで直接開発機から配布して、年一回メンテも兼ねて配布し直し、というのもアリだな、と思うことがあったりしました。


この辺りのiPhone(iOS)アプリの配布の仕方のバリエーション、ググってみるんですが情報が散らばっていてわかりにくいんです。


そんなわけで、一覧表にまとめてPDFにしてみました。
↓こちら、クリックすれば開きます。

f:id:ebyan:20160326183332p:plain




参考にしていただければ幸いです。
もし間違いがあれば教えてください。メンテします。



そして、こんな社内向けアプリがあったらな、というのがあれば相談いただければありがたいです。


こちらは、App Storeのビジネスアプリ。
ウチとは関係ないです。