読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびすい@スマホアプリ開発のALPHAです。

アプリ開発会社をしてます。アプリ制作+メディア運営で喰っていきたいと思いつつ関係有る事無い事を書いていきます。

読書感想文:「オーバーペイントRe:PAINT」猪原賽・原作、横島一・漫画

本・読書



お世話になります。えびすい@ALPHAです。

漫画原作者の猪原さんが「NewsACT」というブログをされていて、ウチではそれに乗っかる形でiPhone向け「NewsACT」アプリをリリースさせていただいてます。

本家ブログは昨年末に月間70万PVいったとかで、もうプロブロガーですね。

その猪原さんが昨年末に「オーバーペイントRe:PAINT」をkindle版で出版されたので読んでみました。
「オーバーペイントRe:PAINT」の下敷きとなる「オーバーペイント」が2011年ヤングキングに掲載されていたそうで、それが下敷きになっています。

今までも猪原さんの作品はボツボツと読ませていただいてますが、「オーバーペイントRe:PAINT」、すぐ買ってすぐ読みました。
タイトルがなんか響きが良くて、なおかつkindleからの本人直接出版で破格(の値段)なので。


グラフィティが題材になっているので、伊坂幸太郎好きのぼくは「重力ピエロ」をすぐに思い出しました。


↑「春が二階から落ちてきた。」っつう書き出し、大好きです。

そして、2015年5月に出た任天堂の「スプラトゥーン」とか。
(そういうことなんかなぁと勝手に読む前に想像したりして。どういうことなんかよくわからんけど。)

↓そしてこういうのをグラフィティっていう
アメリカ村の落書き




そういうイメージと重ねつつ読み始めたのですが、元となった「オーバーペイント」を含め、いい意味で、あっという間に読めました。

たぶん、本好きもしくは漫画好きの人ならわかるであろう、「読んでること」、「ページを繰っていること」を忘れて読み進めている感覚。

筋書きはシンプルなんだけど、テンポ良く楽しめる感覚。もっとこのドライブ感が続いて欲しいと思う感覚。

この世界観で、長編を読んでみたいと思った作品でした。